Img_a4173763486c212e8fefbd0ff978f591
大鶴裕紀
Img_96adaaa88af7183ce05917ce0b4fc1bb
Img_6d32e45e02ee9de24db6c0457bd87cdd
◆大鶴裕紀
1984年4月28日(福岡生まれ)
福岡県を拠点に活動中。
遅ればせながら、2008年より活動開始。
未熟ならも翌年、中洲ゲイツセブンでのワンマンライブを成功させる。
その後、カフェ、バー、工房など、雰囲気のある空間でのステージにはまる。
自主企画では年間30本を超えるイベントを行い、県内外を問わず様々なアーティストとの共演を果たす。
その傍ら、ライブハウス、ホール等での活動も精力的に行う。(年間40〜50程度)
このころ、絵本作家の「葉祥明」氏の世界にはまる。
「人間の心模様や匂い」のようなモノを感じ、表し伝えたいと創作活動に励む。
景色や色の見える曲創り、パフォーマンスをモットーにしている。
どこにでもある日常を独自の切り口で言葉にする。
時にはイメージの中の世界を元に創作することもある。
分かりやすくも分かりにくくも、
まずは自分自身の内にあるものをさらけ出し、全力で伝える。
そんなスタイルが最近では好評を得ている。

受賞歴こそないものの、
等身大の歌詞を等身大に唄うスタイルと、
最大の特徴でもある「透き通るような歌声」で多くの聴衆を惹きつけている。

中洲ゲイツセブンにて行ったライブの模様がTVオンエアされるなど、
メディアへの露出も増えている。

ピアニスト内丸美汐との出逢いから、
自主制作ながらも音源制作に精力的に取り組む。
2011年7月には、シングルCD
「Life」
1. Life
2. Refine
3. 空とボクと

2012年4月に、
「そばに」
1. ZEROTRACK
2. そばに
3. 世迷いごと

11月に、
「赤橙」
1. 赤橙
2. アジサイ

をリリース。
2014年には、
「Lfe」が西鉄グループイメージCMに起用され注目される。
現在も絶賛放映中。


ソロだけでなくピアノやギターとのデュオでの活動も並行して行い、
各方面から高評価を得る。


-大鶴裕紀-それをかたちづくるもの「人生なんてまるでおとぎ話さ」...